「人の言うことを聞くべからず」+

坂本晶と申します。はてなでは「坂本晶の『人の言うことを聞くべからず』」をやっています。こちらはサブブログとして、古代史、神話を中心に扱っていきます。『水瓶座の女』という小説を、太陽出版から販売しております。読んで頂けたら嬉しいです。

ヤマトタケルは開化天皇である(80)~「才伎」は百済とは無縁

1~50を読みたい人はコチラ↓

sakamotoakiraf.hateblo.jp

『書紀』前回の続き。

任那国司田狹臣、乃ち弟君が伐たずして還ることを喜びて、密に人を百済に使(や)りて、弟君に戒めて曰はく、「汝が領項(くび)、何の牢錮(かたきこと)有りてか人を伐つや。伝に聞く、天皇、吾が婦を幸して、遂に児息聞児息は、巳(すで)に上の文に見ゆ。を有(たも)つと。今恐るらくは、禍の身に及ばむこと、足を轎(た)てて待つべし。吾が児汝は百済に跨(こ)え拠りて、日本にな通ひそ。吾は、任那に拠り有ちて、亦日本に通はじ」といふ。弟君の婦樟媛、国家の情深く、君臣の義切(ことわりたしか)なり。忠なること白日に踰(こ)え、節(またきこと)青松に冠(す)ぎたり。斯(こ)の謀叛を悪(にく)みて、盗(ひそか)にその夫を殺して、室の内に隠し埋みて、乃ち海部値赤尾と与(とも)に百済の献れる手末(たなすえ)の才伎を将(ひき)ゐて、大嶋に在(さぶら)ふ。

 

今回代字としたのは「足を轎てて待つべし」の「轎」と「児息は、巳(すで)に上の文に見ゆ」の「巳」で正しくは

f:id:sakamotoakirax:20200410223345j:plain


 

f:id:sakamotoakirax:20200410223558j:plain


である。
任那国司田狹臣」とあり、これで吉備上道臣田狹と田狹臣が別人であることがはっきりした。
「乃ち弟君が伐たずして還ることを喜びて」は「乃喜弟君不伐而還」なので「弟君が伐たずして還ることを喜ばず」である。「任那国司」としては、新羅が討たれないのは嬉しくないのである。
「汝が領項」は「汝之領項」で否定だが、「曰」で弟君の「領項」である。
「吾が児汝は百済に跨え拠りて、日本にな通ひそ」は「吾児汝者、跨百済、勿使於日本」なので「通うこと勿れ」、つまり「百済に留まって日本に帰るな」である。「吾は、任那に拠り有ちて、亦日本に通はじ」も同様である。
「弟君の婦樟媛」は「弟君之婦樟媛」で、弟君との間に夫婦関係はない。
「盗(ひそか)にその夫を殺して」は「盗殺其夫」である。
「夫」が真実の夫婦関係を表さないとどこかで書いたが、ここで訂正しよう。
「夫」は真実の夫婦関係を表す。「其」がそれを否定するのである。「婦」も同様。なお「妻」については、『古事記』でその記述が出た時に訂正するかどうか決めるとしよう。
「乃ち海部値赤尾と与に百済の献れる手末の才伎を将ゐて」は「乃與海部値赤尾百済所献手末才伎」で率いたことを否定している。

ヤマトタケルは開化天皇である(80)~弟君と老女はどこにいたか - 「人の言うことを聞くべからず」+

で、百済は既に今来の才伎を贈ってており、大嶋に今来の才伎をまとめている。
「乃」が無ければ、百済は二度「才伎」を贈ったことになる。このような文章になるのは、弟君と樟媛に同じことをしたように見せる必要があるからである。
前回記事の「百済の貢れる今来(いまき)の才伎を大嶋の中に集聚へて」は「集百済所貢今来才伎於大嶋中」で、樟媛の文と同様百済の後に「所」がある。
私は今回、始めて「所」が否定の意味ではないかと疑った。
記紀』で「謂」が否定であるのは述べたが、他「所謂」という語がしばしばあり、これが肯定か否定かの判断が今までつかなかった。しかし「所謂」が二重否定なら、今まで読めなかった部分が読めるようになる。
ただし「所」は名詞の否定で、「~でない者が言わない」という二重否定である。
話を戻せば、「所」は百済を否定しているととりあえず考えて、弟君は百済とは無縁で、樟媛の方が百済と関係があると考えられる。
もうひとつ考えられるのが、「才伎」が百済と無縁だということである。
理由は「伎」にある。
どこかで伊邪那「伎」命を出雲系と書いたのだが、これも訂正。「伊邪那「伎」命は丹波系である。しかし伊邪那「岐」命とはもちろん別人である。『古事記』に戻った時の述べよう。とりあえずここでは、弟君は百済とは無縁、樟媛は原文からは判断出来ないと見るべきである。
次回、この続きを見て、その後『清寧紀』を見ていこう。

メインブログ坂本晶の「人の言うことを聞くべからず」もよろしくお願いします。