「人の言うことを聞くべからず」+

坂本晶と申します。はてなでは「坂本晶の『人の言うことを聞くべからず』」をやっています。こちらはサブブログとして、古代史、神話を中心に扱っていきます。『水瓶座の女』という小説を、太陽出版から販売しております。読んで頂けたら嬉しいです。

ヤマトタケルは開化天皇である⑰~ヤマトタケルはスクナビコナである

シリーズ第一回目から読みたい方はコチラ↓

sakamotoakiraf.hateblo.jp

大国主は少名毘古那(スクナビコナ)とともに国作りをする。国を作るのに、スクナヒコナの協力が必要なのである。それでではスクナビコナとは何者だろうか。

スクナビコナのスクナとは、『古事記伝』によれば「御名の須久那(スクナ)はただ大名持(オオナムチ)の大名と対であるため」
としている。オオナムチとはもちろん、大国主の元の名前である。オオナムチとは大いなるナ(大地)の尊貴な神という意味だが、オオナモチと読めば大いなる地を持っている、または名を持っている神となる。
風土記万葉集では、オオナムチ、スクナビコナのコンビが活躍する。大伴家持も「大汝(オオナムチ)少彦名の神代」と言った。オオナムチとスクナビコナは神代の中心人物である。
そしてスクナビコナのスクナから、私が連想したのは宿禰(スクネ)である。記紀には武内宿禰野見宿禰など、多くの宿禰が登場する。
私が考えたのは、宿禰スクナビコナは同じではないかということである。宿禰とは姓(カバネ)である。古代氏族の政権内での地位を表す。つまりスクナビコナは氏族の神で、宿禰が氏族の地位を示すことで両者は共通する。
私の仮説を証明するには、宿禰に対してオオネがなければならない。そして記紀にはオオネがでてこない。
しかし、『先代旧事本紀』には、オオネが登場するのである。
神武東征の後、神武に帰順した宇摩志麻治(ウマシマチ、ニギハヤヒの子で物部氏の祖)に神武は足尼(スクネ)の姓を与える。
そして四世孫の六見の宿禰の代に、足尼から宿禰の表記になる。しかし六見の宿禰の弟の三見の宿禰は、最初に足尼となり、次に宿禰となったとある。そして「宿禰はこの時に始めて起こった」とある。兄より弟に先にスクネが与えられているところに、時間軸の混乱が見られる。
この後五世孫の大綜杵が大禰となり、弟の大峰大尼が大尼
となる。ここにも時間軸の混乱が見られる。偶然か必然か、大峰大尼は開化天皇の代の人物である。
さらに七世孫の健胆心大禰が「崇神天皇の代に始めて大禰となった」と書いてある。四世孫の三見の宿禰から、時間軸が逆転したようである。私は崇神天皇開化天皇の父だと考えているから思うのだが、健胆心大禰は本当は大尼であり、大峰大尼の方が大禰と表記すべきなのだろうと考えている。つまり大尼は、大禰より古い表記である。
とにかく、宿禰に対するオオネは存在する。つまり物部氏とは、真実は大国主に繋がる出雲系の氏族であり、スクナビコナを祖神とする宿禰の氏族こそは丹波系である。
もっとも、宿禰の名がつけば丹波系かというと、それほどきれいには分けられないと思っている。武内宿禰などは、私は出雲系の可能性が高いと思っている。だから宿禰丹波系というのは、大まかな分類である。
しかしそれならば、オオナムチ=オオネの出雲系は大いなる土地の持ち主、あるいは大いに尊貴な氏族となり、スクナビコナ=スクネの丹波系はその風下に立つことになる。
そのようになる理由を説明しよう。西暦158年に日本にやってきた延烏郎と細烏女は、太陽信仰の始まりとなったとはいえ、日本では後発の氏族だった。そこで日本で一番勢力のあった出雲勢力に従属した。出雲勢力も生きて太陽神、月神となった延烏郎と細烏女に利用価値があると思った。こうして丹波系の出雲勢力への従属は、限りなく同盟に近いものとなり、丹波系は出雲勢力の中で権臣というべき地位を占めるようになった。風土記などにあるオオナムチとスクナビコナの神話は、この時代の記憶の名残である。
しかし延烏郎と細烏女の子のヤマトタケル=開化が東側に勢力を伸ばしていった。その結果丹波系が出雲系を従属させたのか、形式的に従属関係を続けたのかはよくわからないが、丹波系は出雲系を圧倒した。
古事記』では、大国主スクナビコナを「知らない」という。大国主スクナビコナを知らないということで、スクナビコナが日本の真の支配者だった記憶が失われたのである。
しかし、大国主スクナビコナとコンビでないと、国作りができない。スクナビコナが常世の国に行ってしまうと、「いづれの神と吾(あ)とよくこの国を相作らむ」と愁い、オオモノヌシと組む。しかしこのオオモノヌシもまた、ヤマトタケル=開化である。
開化天皇の弟に少名日子健猪心命(スクナヒコタケイゴコロノミコト)がいるが、このスクナヒコタケイゴコロノミコトこそは開化天皇の分身であり、丹波系、ひいてはヤマトタケル=開化がスクナビコナであることを示している。

ところが、大国主もまた、ヤマトタケル=開化だと言ったら、読者は矛盾だと思うだろう。しかしそうなのである。次回はそのことを論じていく。


メインブログ坂本晶の「人の言うことを聞くべからず」もよろしくお願いします。